満点の 乗り合い舟 江戸手ひねり人形-工芸品・民芸品






指と竹べらだけで成形しておりますので一つ一つ出来ばえが違う一点物です。手ひねりとは道具を使わず、指だけで造形していく最も基本的な陶芸でその職人は数人といわれています。 手ひねりの技術は、縄文時代、弥生時代からあったものですが、室町時代の茶器製造などを経て、江戸時代中期以降に町人文化の発達とともに広まりました。  杉立さんのてひねり造形は。ゆびと竹ベラ1本を使って材料の粘土をひねり、胴体から顔、鼻、目、舌、最後に手足をつけ、江戸時代の町人や、河童、狸、蛙など様々な人物、動物をつくります。。

image2

満点の 乗り合い舟 江戸手ひねり人形-工芸品・民芸品

日本税理士会連合会会長からの挨拶です。

image_zeiseikaiseikengi

満点の 乗り合い舟 江戸手ひねり人形-工芸品・民芸品

税理士は、税務の専門家として、税制に関する提言を行っています。

image_kumamoto

満点の 乗り合い舟 江戸手ひねり人形-工芸品・民芸品

熊本地震復興に向けた支援情報を掲載しています。